イーサリアム 3.0: ネットワークの次の進化について推測する

イーサリアム 3.0: ネットワークの次の進化について推測する
Freepikによる画像

業界にスマート コントラクトを導入した先駆的なブロックチェーン プラットフォームである Ethereum は、開始以来、大きな進化を遂げてきました。最初のリリースから現在進行中の Ethereum 2 のアップグレードまで、コミュニティはスケーラビリティ、セキュリティ、持続可能性が求められる状況に対処するために継続的に進化してきました。ブロックチェーン環境が成熟し、新しい技術の進歩が生まれるにつれて、Ethereum 3.0 に関する仮説が浮上し始めました。この記事では、Ethereum 3.0 の機能、改善、およびより広範なブロックチェーン環境への影響について説明します。 ethereum-trader.app/ にアクセスしてください 今すぐ教育会社に連絡して、投資とそれに関連する概念について詳しく学びましょう。 

これまでの道のり: Ethereum 1.0と

イーサリアム 1.0: 基盤

2015 年に発表されたイーサリアム 1.0 は、スマート コントラクトと分散型パッケージ (dApps) のアイデアを提供し、ビルダーが分散型ネットワーク上でプログラムを構築およびセットアップできるようにしました。ただし、イーサリアム 1.0 で利用されている Evidence-of-Paintings (PoW) コンセンサス メカニズムは、スケーラビリティと電力消費に関連する大きな課題を引き起こしました。

イーサリアム 2.0: 移行

これらの厳しい状況に対応して、イーサリアム コミュニティは、Eth2.0 または Serenity とも呼ばれるイーサリアム 2 アップグレードを開始しました。このマルチセクション アップグレードは、ネットワークを PoW から Evidence-of-Stake (PoS) コンセンサス メカニズムに移行し、強度消費を大幅に削減してスケーラビリティを向上させることを目指しています。

Ethereum 2.0 の主要な添加物は次のもので構成されます。

ビーコン チェーン: バリデーターを調整し、PoS プロトコルを管理する PoS ブロックチェーン。

シャード チェーン: プライマリ イーサリアム チェーンと並行して実行される小さなチェーンで、トランザクションのスループットとスケーラビリティが向上します。

マージ: イーサリアム 1.0 チェーンとビーコン チェーンの統合。PoS に完全に移行します。

ロールアップ: オフチェーンでトランザクションを集約し、プライマリ チェーンの負担を軽減するレイヤー 2 スケーリング ソリューション。

Ethereum 2.0 の展開が進むにつれ、注目はすでに次のセグメントとなる可能性のある Ethereum 3.0 に移っています。

イーサリアム 3.0 についての推測

イーサリアム 2.0 は実装され続けていますが、イーサリアム 3.0 は依然として投機的なものです。ただし、最新の傾向、研究、コミュニティでの議論に基づいて、いくつかの潜在的な機能とアップグレードが期待される場合があります。

拡張されたスケーラビリティ

シャード チェーンとロールアップの登場にもかかわらず、ブロックチェーンのスケーラビリティに対する要求は高まり続けています。Ethereum 3.0 では、高度な統計シャーディング戦略を実装し、コンセンサス アルゴリズムを最適化してさらに大量のトランザクションを処理することで、スケーラビリティをさらに向上させる必要があります。

量子抵抗

量子コンピューティングが進歩するにつれ、従来の暗号化アルゴリズムの安全性が損なわれる可能性があります。Ethereum 3.0 には、量子コンピューターの使用によってもたらされる将来の脅威からネットワークを保護するために、量子耐性暗号化技術が含まれる可能性があります。

プライバシーの改善

プライバシーは、ブロックチェーン技術の使用において、個人と企業の両方にとって依然として重要な問題です。Ethereum 3.0 では、ゼロ経験証明 (zk-SNARK) やその他の暗号化技術を含む高度なプライバシー機能を導入し、プライベートなトランザクションを可能にし、ネットワーク内の記録の機密性を強化します。

相互運用性(インターオペラビリティ)

ブロックチェーン環境には複数のネットワークが含まれており、それぞれに特定の機能と能力があります。Ethereum 3.0 は、他のブロックチェーンとの相互運用性の向上、シームレスなゴーチェーン トランザクションの実現、および異なるブロックチェーン システム間の連携の促進に重点を置く必要があります。

持続可能な合意メカニズム

PoS は電力消費の点では PoW よりも大幅に改善されていますが、通常、同様の最適化の余地があります。Ethereum 3.0 では、プルーフ オブ スペースやエビデンス オブ ストレージに加えて、さらに持続可能で環境に優しいコンセンサス メカニズムが発見され、ネットワークの環境への影響がさらに軽減される可能性があります。

強化された開発者エクスペリエンス

イーサリアムの充実は主に、その強力な開発者コミュニティと、dApp の構築に利用できるギアによるものです。イーサリアム 3.0 では、開発システムを合理化し、より多くのビルダーを引き付けるために、新しい開発フレームワーク、ライブラリ、ツールキットを導入する必要があるかもしれません。

ガバナンスと地方分権

分散型ガバナンスは、ブロックチェーン時代の中核概念です。Ethereum 3.0 は、分散型独立機関 (DAO) を含む、より高度なガバナンス メカニズムを強制し、ネットワークの開発と意思決定システムにコミュニティがより直接的かつ民主的な影響を与えることを可能にします。

新興技術との統合

ブロックチェーンと、人工知能 (AI)、モノのインターネット (IoT)、分散型金融 (DeFi) などの他の新興技術との融合により、イノベーションの新たな可能性が生まれます。Ethereum 3.0 は、これらの技術とのより深い統合を促進し、より相互接続された多用途の環境を開発するはずです。

まとめ

イーサリアム 3.0 は依然として投機的なものですが、それがコミュニティに提供できるキャパシティ機能と改善はスリリングで変革的なものです。優れたスケーラビリティと量子耐性から、一歩進んだプライベート性と相互運用性まで、イーサリアム 3.0 は現代の制限に対処し、次の時代への道を切り開く必要があります。イーサリアム コミュニティが革新を続け、新たな機会を模索し続けるにつれ、ネットワークの進化は、より広範なブロックチェーン エコシステムやその先のエコシステムに大きな影響を与えることは間違いありません。新たなトレンドや課題の先を行くことで、イーサリアムは技術開発への圧力を維持し、超分散化を促進することができます。

  1. Quantum AI による資産管理の再定義
  2. 急成長している暗号通貨:世界で最も急成長している暗号通貨トップ10
  3. PO 番号とは: 作成方法と使用方法
  4. ピアツーピア ネットワーク: 概要と仕組み?
コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。 必須フィールドは、マークされています *

こんな商品もお勧めしています